通学タイプと合宿免許

Pocket

現代は車社会と呼ばれるほど、車に依存した生活となっています。買い物や通勤、通学、そしてレジャーと、車無くしては生活が成り立ちません。ただ、この車は誰もが乗れるわけではないのです。自動車運転免許が必要となります。この自動車運転免許を取得するには、教習所へ通い、実技や学科教習を受け、その後の本試験を経てようやく手に入るものなのです。

教習所は、これまでは自宅から近い場所にある教習所へ、自宅から通うという通学タイプが一般的でした。この通学タイプの教習所の特徴としては、仕事や学校、部活など日常生活を送りながら、教習を受けられるという点があります。自分の都合にあわせ、スケジュールを組むのです。そのため、自分が思う日時に実技の教習が既に埋まっていて、受けられないこともあります。このように、通学タイプの教習所は卒業までにある程度の期間がかかることも大きな特徴と言えます。また、卒業検定に受からなかった場合は、追加料金がかかってしまいますし、全体的に費用は高めとなっています。

ただ最近は、この通学タイプの教習所とは違い、合宿免許も人気となっています。合宿免許はその名の通り、合宿して免許取得を目指すという教習所で、全国各地にその施設があり、そして全国各地から教習生が集まってくるという今注目の教習所なのです。